ジャン・ガレーというショコラティエについて

ガレーのチョコレートには、こんなミッションがあります。「1人で、あるいは、友達、家族、恋人と、いろんな場面でチョコレートを味わうことで、美味で楽しい時間を過ごし、幸せな気分になってもらいたい。」

ジャン・ガレーはその想いを胸に、日々のレシピ開発に励み、様々な場面に合う様々なフレーバーを探求しています。

チョコレートに人生を捧げたショコラティエ、ジャン・ガレーとは

ジャン・ガレーは、パティシエだった祖父の影響を受け、子供の頃からお菓子作りを手伝い、16歳でチョコレート作りを始めました。チョコレート作りこそが自分の人生だと確信したジャン・ガレーは、スイスのバーゼル、パリのガストン・ルノートルの元で修業しました。

1976年、21歳の若さでベルギー・リエージュにショコラティエとして独立し、「ガレー」を創業。チョコレートの3大国、ベルギー、フランスそしてスイスでの経験を活かし、伝統を守りながらも革新的そして創造的なショコラティエとして、ベルギーチョコレートを語る上で欠かせないショコラティエの一人です。

ガレーのチョコレートの魅力とは?

ガレーのチョコレートの魅力は、ジャン・ガレーの人柄そのもの。


特に、情熱と創造性は多くのチョコレート愛好家の心を動かしてきました。

チョコレートへの情熱創業当時から現在まで、変わらないチョコレートへの情熱を持ち続け、常に良質なチョコレートを作り続けているガレー。素材にこだわり、カカオ、カカオバター、天然バニラ、フレッシュなラズベリーなど、すべて厳選した素材のみを使用しています。伝統的なベルギーのレシピを守りながら、進化し続け、新しいレシピだけではなくパッケージデザインにもこだわり、革新的なチョコレートを提供し続けています。

固定観念に囚われない「創造性」チョコレートといえば「ダークチョコレート」という固定観念を捨て、ミルクチョコレートそしてホワイトチョコレートを使ったレシピにもこだわっています。天然素材のみを使用したバーチョコレートやミニバーチョコレートは、レシピだけでなくカラフルなパッケージも特徴的です。ラズベリータブレットはホワイトチョコレートと酸味が絶妙なバランスで、繊細な甘みがチョコレート愛好家には高評価を受けています。


他にも、フローラル系、海藻、岩塩、スパイス、ペッパー、唐辛子など、多様な素材とチョコレートを組み合わせた独創的レシピを開発しています。

2018年2月に日本のベルギー大使館に訪れた、ガレーの右腕とも言われるショコラティエ、ロイック。


彼は、ガレーのことを次のように語りました。

“ガレーの素晴らしいところは、創始者が現役で社長として引っ張ってくれているところです。企業のど真ん中で、指揮を取っているガレーがいることが本当に素晴らしいんです。“

また、ショコラティエにとって大切なことは何か?という問いに対して、
「ショコラティエを続けるうえで大切なこと。それは「情熱」です。 情熱があるからこそ、私たちと皆さんが結びついています。」と、回答。

次世代にもしっかりと引き継がれている、ガレーのチョコレートに対する情熱。


今後も、彼らの創り出すチョコレートから目が離せません。